広くデータを集める

競馬の予想は切り口が多様にあります。持ち時計等を主体に予想を組み立てるタイム重視の競馬予想会社や、展開を巧みに読み、馬の脚質に重きを置いて予想する競馬予想会社など、手法は様々です。また、競馬予想会社のスタッフも、元JRAのジョッキーや元競馬専門紙の記者、さらには厩舎で馬を世話していた経験のある人などバラバラで、それぞれ独特の目線からの予想を組んでおり、バラエティに富んでいるのです。大多数の競馬ファンは直接馬に携わったことがなく、競馬に関する知識も競馬新聞やテレビの競馬番組、書籍等から得ていますので、実際に馬に乗っていた人や世話をしていた人が予想する手法がどのようなものかは非常に興味があるのです。

そういったスタッフで運営されている競馬予想会社は、各社ともメインレースを中心に予想を出しています。理由は最も注目度が高いからで、メインレースは新聞でもトップページに掲載され、情報も多いです。従ってメインレースを数多く当てると予想会社の予想を買ってくれる人が増えることにも繋がりますので、各社とも必死に予想しているのです。予想料は、1開催8日単位で金額が決まっていたりします。また、続けて2開催分や3開催分を購入すると割安になる場合もあります。競馬予想会社を選ぶ際は、当然ですがよく的中する予想会社を選ぶことが大切ですので、最初は1開催分程度の購入で様子をみて、信頼できると判断してから長期間の料金を払いようにすると良いです。

競馬の評価を理解し勉強するときのテクニックを身につける